スポインサードリンク

馬油の基礎知識

馬油《馬油》

その名のとぉ~り、馬のたてがみや皮下脂肪などから採れる油分のことです。

馬油は 中国騎馬民族の頃から使われ、ナントその歴史は4000年も前へとさかのぼります。

あの陶弘景の著した「名医別録」にも「馬の油は髪を生ず」とあります。

日本には400年ほど前に伝わり、やけど・切り傷・水虫などの治療に使われてきました。

現在も シミ・そばかす・育毛・養毛・育毛など、全身のスキンケアに広く利用されています。

馬油を使った商品が ドラッグストアにもたくさん並んでいるのを目にしますよね。

豚(ラード)や牛(ヘッド)とちがって 人の皮脂にとっても近いパルミチン酸を多く含んでいるので 浸透性が高くて、べっとりした感じなのに お肌にのせるとサラッとしています。

また、血行も良くしてくれるので 腰痛・肩こりにもいいし、花粉症にも作用するとか…ってもはやコレは万能薬といえますなあああ…。

私は ガサガサ唇に塗ってみたらイイ感じに潤って 輪郭がハッキリしました。

市販のものでも評判がイイ石鹸、ご自分で石鹸作りをなさる時に馬油を使ってみてください。お肌にやさしくて 赤ちゃんにもオススメです。

ただ、酸化しやすいので 酸化しにくいパームオイルなどをブレンドするといいでしょう。