スポインサードリンク

SPFってナニ…?

SPF《SPFの正しい理解 してますか?》

SPF20 とかSPF30… あ、コレ50だからよさげ…。

とドラッグストアで選んでいませんか?

そして 日焼け止めクリームを手作りする時、何%にしようか迷いますよね。(ちなみに 私のご紹介する「日焼け止めジェル」はSPF20程度です。)

いったいSPFとはなんでしょう?

Sun Protection Factor の略、「紫外線防御指数」のことです。

紫外線を浴びたとき、お肌にサンバーン(赤い斑点が出る…)が起きるまで 普通20~25分くらいだそうで それを1単位として サンバーンが起きるまでの時間をどのくらい(何倍)のばせるか…ということを数値で表したものです。

つまり SPF1…何もつけない時より20~25分日焼け止め効果がありますよってことです。

SPF50…20×50→1000分 おうっ!17時間も日焼け止め効果が…!1日お日様にあたっててイイってこと…?あれ、でもお日様そんなに出てるかい? うんうん、実際はSPF50ってあんまし実用的でなくて 使い分けることがコツ…なんですって。

しかもこの数値、1平方cmあたり2mg塗った場合…で計算されています。

それってかなりの量ですよ、まっ白けですやん…(笑) しかも お肌への負担はけっこー大きいのです。

近場のおでかけ、家事などはSPF15~20 直接紫外線をたくさん浴びちゃう時はSPF30くらい…とか使い分けるといいのですが それ以上は数値の高いものをチョイスするのではなくて SPF30くらいをまめに塗り直すのがいいんですって。

お顔は 頬骨のところを厚く塗る、とか ファンデーションで工夫する、とか 吸収剤不使用のものを選ぶ…とか 少しでも負担を軽くするように 賢く日焼け対策をしましょう!