スポインサードリンク

フェミニス

フェミニス《フェミニス》

17Cのイタリア人理髪師。

彼は外国での成功を夢見てドイツ・ケルンに移り住み、最古の香水「オーアドミラブル(すばらしい水)」を売り出し、「ケルンの水」のニックネームで医薬品(胃薬)としても広く愛用されることになりました。

1742年 登録商標となった「オーデコロン」のことです。

「ケルンの水」はハーブ・薬草を原料にしてアルコールを用いて製造されましたが、この頃の他の「香る水」も同様に医薬品・食品の両方に使用されていました。

ところで アルコール、つまりお酒は大昔から人類に親しまれていたにも関わらず「酔っ払う」原因になる成分だということが発見されたのは15C…って…。え?へーえ…。

さてさて アロマのテスト勉強をするとき、こんなふうにフェミニスのことを習うと思いますが…

もっとずっと前の時代にハンガリアンウォーターもアルコールと香料で作られたわけだし、最古の香水って言わないでしょ?…とおっしゃる方も多いときいております。

それに加えて フェミニスは「香る水」の存在をケルンに持ち込んだだけで 実際「ケルンの水」を作ったのは「ファリーナ」という人である…という説もききます。

今もケルンにある「ファリーナハウス」ではファリーナ8世がソレを受け継いでいるのだとか…。

ちなみに ベルガモット中心、柑橘メイン その他ローズ・ジャスミンなどブレンドしたその香り、本物を手にしたい方、「ファリーナハウス」へどうぞ…(笑)