スポインサードリンク

頭皮がぴりぴりしない手作りヘアカラーのレシピ

《頭皮や髪に優しいヘナで髪を染めてみませんか?》

毎日洗うだけでだんだん髪が黒くなる…とか 今 自然派志向が高まるヘアダイ。

あのツーンとした薬剤のにおいも嫌だけど 私は 美容院の方に「ピリピリしませんか?」ときかれる時「大丈夫です。」と言いつつ 実はいつもピリピリ…。

このヘナを知ったのは ずいぶん前でしたが、なかなか試す勇気がなくて ヘナを購入したまま放置してました。

いろんなレシピを吟味した後、試してみたレシピをここでご紹介しますが 本屋さんやネットで調べてみてくださいね、ご自分が気に入ったカラーをみつけるのはなかなか大変だと思います。

ご注意頂きたいのは ヘナだけで染めてしまうと赤っぽく染まってしまうこと…。

藍(インディゴ)を使ってブレンドするといいですし、ブレンドしたヘナを販売しているメーカーさんもあります。

結構むつかしいので 勇気を持ってお試しください(?!)

…というわりに 私は一発でうまくいったと思います…てどっちやねん!!(笑)

 

ヘナ…ミソハギ科の植物で マニキュア・眉墨・タトゥーの染料として古代から使用され     てきたハーブです。

クレオパトラもこれで爪を染めていたとかいなかったとか…!

 

【手作りヘアカラーの材料】

*ショートカット~セミロング(ブラウン)の分量です

ヘナパウダー…1/3C

淹れてから1日ねかせたコーヒー…1/3C

カメリアオイル…小2

お好みでペパーミント精油…3滴程度

ゴム手袋・タッパー・ヘラ・ハケなど

手作りヘアカラー1

 

 

【手作りヘアカラーの作り方】

*作業はゴム手袋装着で!

①タッパーなど(金属のボウルは×。ヘナが反応します)に材料を入れてよく混ぜます。

手作りヘアカラー2

 

② ①を1時間ねかせます。

③よくブラッシングした髪に まずハケで根元に①を塗ります。

④残りを手にとって髪全体に揉み込んで まんべんなくいきわたらせます。

⑤くしでよくとかしてからサランラップで頭を包み込み、1時間放置します。

⑥色のついたお湯がでなくなるまで丁寧に洗い流してからシャンプー・コンディショナーで整えてください。

 

オイルとヘナだけ…あるいはお湯や酢などの水分とヘナだけ…ならもうすこしなめらかで扱いやすいかもしれません。水分と油分が混ざっていることで ごろっとした感じになっていますが カメリアオイルで髪に栄養を与えたかったですし、コーヒーで自然なブラウンに染めたかったので イマイチの塗りにくさはお許し下さい…