スポインサードリンク

アロマを始める前におさえておきたい基礎知識 精油の化学②

《テルペン類》-語尾「エン」

さて、分子構造からみる精油成分の分析をしてみましょう。

 

☆まず、イソプレン覚えときましょ!

分子式C5H8で表し、二重結合を持った炭化水素。

このイソプレンを基本骨格とした「テルペン系」の精油をみていきましょう。

 

*テルペン系炭化水素…炭素と水素だけでできている…官能基はついていない

注:官能基…分子内に存在する香気、反応の原因となる原子団のこと。

       同じ官能基をもつと多くの性質が似ている。

 

モノテルペン(イソプレン2単位から成る)…C10H16

・ほとんどの精油成分の構成成分に含まれる

・優れた殺菌作用抗ウィルス作用抗炎症作用鎮痛作用空気の浄化作用

・皮膚刺激をもつものがある。

・揮発性が高い。

α-ピネンユーカリ・フランキンセンス・サイプレス・ジュニパーベリー・           ブラックペッパー

リモネンオレンジスイートグレープフルーツ・ブラックペッパー

γ-テルピネン…スイートマージョラム・ティートリー

p-シメン…フランキンセンス・スイートマージョラム

サビネン…ジュニパーベリー

δ-3-カレン…サイプレス

セスキテルペン(イソプレン3単位から成る)…C15H24

・粘性があり、揮発性は高くない。

・鎮痛作用・抗炎症作用

ファルネセン…ブラックペッパー

β-カリオフィレン…ブラックペッパー

サンタレンサンダルウッド

カマズレン…カモミール


スクリーンショット 2014-01-02 12.53.19