スポインサードリンク

アロマを始める前におさえておきたい基礎知識 精油の化学③

《官能基》

分子内に存在、特定の香気・反応の原因となる原子団のことで、化学的属性など決定するため 官能基がいっしょだと性質が似てきます。

 

―炭素骨格と官能基―

R-OH…アルコール類

Ar-OH…フェノール類

R-COOH…カルボン酸類
R-COO-R’…エステル類     *R  鎖状炭素骨格

R-O…オキサイド類               Ar 環状炭素骨格

R-CO-R’・・・ケトン類

R-CHO…アルデヒド類

R-COO…ラクトン類

 

《アルコール類》語尾「オール」

モノテルペンアルコール(C10を持つ鎖状炭素骨格に水酸基OHが結合したもの)

殺菌作用・抗ウィルス作用・抗真菌作用・強壮作用・免疫賦活作用に優れる。

・著しい皮膚刺激や毒性がなく、皮膚、粘膜に穏やかです。

ラバンジュロール…ラベンダー

ゲラニオール…イランイランレモングラスグレープフルーツ・メリッサ・ゼラニウム

ローズ・ネロリ

シトロネロール…ゼラニウム・ローズabs.

テルピネン-4-オール…ティートリー・スイートマージョラム

ネロール…ネロリ・ローズ・レモングラス

リナロール…オレンジスイートラベンダーイランイランゼラニウム・ネロリ・

クラリセージ・ベルガモット・レモン・メリッサ

メントール…ペパーミント

 

セスキテルペンアルコール(C15を持つ鎖状炭素骨格に水酸基OHが結合したもの)

抗真菌作用・強壮作用・免疫賦活作用に優れる。

・精油によっては参加することで香りの質が良くなるものもある。

サンタロール…サンダルウッド

ネロリドール…ネロリ

パチュリアルコール…パチュリ

べチべロール…ベチバー

 

ジテルペンアルコール(C20を持つ鎖状炭素骨格に水酸基OHが結合したもの)

ホルモン調整作用に優れる。

スクラレオール…クラリセージ